Column

ほんまもん建築コラム

昔のお家の良い所

前回は、「壁の仕上げ材」についてお話させて頂きました。

「ビニルクロスは使用禁止」日本のお家が何故短命かは「結露」
住んでおられる方の健康被害は「カビ」
この2点に大きな影響を与えているのがビニルクロスなのです。
だから、調湿効果のある仕上げ材を使用することを、リフォームや新築をお考えの方にはお勧め致します。

さて、今回は「昔のお家の良い所」についてお話させて頂きます。

全国平均で統計を取ってみると、今の家の平均寿命は25年~35と言われています。

この年数で建替え??? 家は非常に高価な物ですよね!!
大半の方は住宅ローンを組みますよね!!それが25年~35年で建替えはキツイ・・・・

  

では、長持ちする家はどんな家???

田舎の家ではないでしょうか。単純な発想です。
実際に私の実家は京都府京北町にあるのですが、築140年位だと聞かされています。

昔の大工さんは、夏の高温多湿・冬の低温低湿と日本の気候を熟知していたのだと思います。

今のお家は、海外からの影響が多く気密性の高い家で機械を使って換気する(ペットボトルの中に住んでいる)ような家が主流で、
外材や集成材を多く使用している為、蒸れ腐れが激しいのが短寿命の家の最大の原因だと私は思います。

柱や梁に、国産の木材(日本の四季で育った木)を使い、床や壁に調湿効果の優れた材料を使い、昔の土壁の原理(皮膚呼吸している)を取り入れる事で蒸れ腐れを起こりにくくする事が、長寿命の家を建てる最大の要因だと思います。

 

私は、家づくりを30年間携わってきて「昔の家の良い所と現代の新技術を融合」させ長持ちする家を創り、そこにお住まいになられる方が健康で末永く暮らせる様にこれからも進化していきたいと思います。

Informations

インフォメーション

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
私たちと一緒に考えましょう皆さまの「一生の家づくり」をお手伝いさせていただきます。

top