Column

ほんまもん建築コラム

敷地の見極め方・選び方

皆さま、こんにちは!!

前月号のコラムでは「家づくり・準備ワークNo2」というお題でお話しさせて頂きました。

オンリーワンの家づくりで、好みやこだわりを見つける一つの方法として「一番心地良かった体験を思い出す」それを家づくりに反映させていくと、自分らしいこだわりのお家をつくり出していく近道になるのではないでしょうか?

さて、今回は「敷地の見極め方・選び方」についてお話しさせて頂きます。

 

土地の値段は「需要と供給のバランス」で決まります。

多くの人がほしいと思う敷地ほど高額なります。

例えば、南向きで正方形に近い敷地を100とすると、北向きでは80、

また旗竿敷地や高低差があれば60と条件が悪くなるにつれて価格は下がっていきます。

条件が悪くても、プラン次第で暮らしやすい家が出来れば、

勇気をもって安価な敷地を選びたいもの。

敷地購入価格が抑えられれば、その分お家に予算をかけられますよね!!

土地に限らず、買い物全般に当てはまる事ですが、

「理由のないディスカウント」は無いと思った方が無難。

「安かろう悪かろう」を事前にその理由をはっきりさせて検討していきましょう。

「プランで乗り越えられる悪条件とは??」 

「北向きの敷地」南向きが根強い人気ですが、

まぶしさを抑えながら明るくでき、室内の光が逆光ではなく正光になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「旗竿敷地」道路から玄関までのアプローチが長いため、

お子様の遊び場や緑豊かなガーデン造り、

駐車スペースとお家に入るまでのストーリーを演出できます。

「ウナギの寝床敷地」お家の対角線に窓を造ると室内に距離感が生まれ広々した印象になります。

南北に長い狭小敷地はその長さを区切らず突き抜けるようにプランすると広がりのある快適な住まいになります。

安価な敷地でも、「プランで乗り越えられる」のであれば、検討してみる価値はありますよね!!

次回は「敷地の見極め方・選び方No2についてお話しさせて頂きます。

 

Informations

インフォメーション

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
私たちと一緒に考えましょう皆さまの「一生の家づくり」をお手伝いさせていただきます。

top