Column

ほんまもん建築コラム

床の素材

前回は「無垢材の性質」についてお話させて頂きました。

同じように見える木材でも「桧」や「杉」はお家づくりでは「適材適所」に使わなくては材種による効果が軽減するという事をご理解頂けましたでしょうか?

さて今回は「床の素材」についてお話させて頂きます。
ジメジメした季節やってきます。
シックハウス症候群の主な原因は湿気による「カビ」が大きな影響であると言われています。

 

お家に使われる素材で「湿気対策」は大きく変わってきます。

例えば「床材」
ご家族が歩いたり寝転がったりして一番多く触れる箇所ですよね。

床は「湿気」が非常に多く残りやすいです。
こんな経験はないでしょうか?
「なんか床がベタベタする」「ホコリが掃除機では取りにくい」「雑巾がけをしてもサラサラしない」‥など
この原因はすべて「湿気」です。
これは床材の表面温度に関係しています。

表面温度が低いと、「結露状態」になり人の体温による温度差や調理や脱衣などの蒸気によって「湿気」が溜まりやすくなります。

「湿気」がシックハウス症候群には多大な影響を与えています。
「湿気」にホコリやダニが吸着し、その中で生活していてはシックハウス症候群になって当たり前です。
 
これを解消する為には、調湿効果の高い「自然素材」を使用しなければなりません。
サラサラした床がどれだけ快適で、健康に優れているかを私は考えます。
弊社に冷蔵庫に入れた写真のサンプルがありますので、是非とも触れに来てみてください。

Informations

インフォメーション

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
私たちと一緒に考えましょう皆さまの「一生の家づくり」をお手伝いさせていただきます。

top