Column

ほんまもん建築コラム

壁の素材

前回は、「床の素材」についてお話しさせて頂きました。

床は常に人が触れる箇所であり、ホコリ等が溜まりやすい個所です。

出来るだけお掃除がしやすく、湿気を溜まり難くする素材を使用することをお勧め致します。

 

 

さて、今回は「壁の素材」についてお話しさせて頂きます。

皆さまが壁の素材で、一番思いつくのはビニルクロスではないでしょうか?

確かに、掃除がしやすく、貼替がしやすく、色柄が豊富にある、安価である。

という利点がありますが、部屋全体を、

ビニルで貼った状態と同じになります。

梅雨時期は、なんかジメジメする、湿度が高い。という感じがしたことがないでしょうか?

換気すれば解消されますが、雨降りに窓は開けられない。換気扇を回せば?しかし風が通らない。

なかなか解消されないですよね‼

 

 

これは素材がビニルなので、表面に水滴が溜まりやすいから起こる事です。

私は、出来る限り樹脂で固められたビニル製品を使いたくない。

少し高価な素材にはなりますが、吸放湿、通気性のある素材をお勧めしています。

植物資源のデンプンを原料とした壁紙や、土や海藻などを原料とした塗り壁や、

無垢の木を張るなど、湿気を素材自身の力で溜めない素材を使用する事で

快適に住んでいただける家づくりを目指しております。

 

これから何十年と住んでいく家、お住まいになられるご家族が

健康に暮らせる家を造るためには必要な事だと思います。

 

 

次回は、「風通しの良い家」についてお話しさせて頂きます。

Informations

インフォメーション

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
私たちと一緒に考えましょう皆さまの「一生の家づくり」をお手伝いさせていただきます。

top