Column

ほんまもん建築コラム

シンプルな暮らし

皆さま、こんにちは!

早いもので2019年の幕開けから1ヵ月が経ちました。

「1月は行く。2月は逃げる。3月は去る。」とよく言ったものです。まさにその通り・・

今年もいい家って?何なんだ!?のご愛読、どうぞよろしくお願い致します。

 

今年一発目のコラムは、シンプルな暮らしについてお話しさせて頂きます。

いつもスッキリ片づいたシンプルな暮らしって、憧れますよね。

「でも、わが家には物がたくさんあるから無理」と思っている方、

“シンプルな暮らし=物が無い”ではありませんよ!

私が考えるコツをご紹介させて頂きます。

 

減らすのは物の数ではなく要素の数

  色と質感をしぼって、スッキリ!

たくさん物があるのにスッキリした印象なのは、

色と素材の数が抑えられているからです。

  

 

見せる収納は範囲を決める

 何もない場所があると、スッキリ!

「スッキリ見せたいから」と、頻繁に使うものまで しまい込んでしまうと、

片づけるのが面倒になり結果的に散らかってしまう事があります。

すべて隠すよりも「目の行くコーナー」をつくる方が、

空間にメリハリがついて、スッキリ見えます。

 

壁は天井まで使う

  壁になじませることで、スッキリ!

天井まで棚をつくると、壁のような存在になり、多くのものが並んでいても圧迫感を感じさせません。

ポイントは奥行きをできるだけ浅くして、空間を無駄に使わない事です。

 

アクセントカラーをとり入れる」  

  視線を集中させて、スッキリ!

壁・天井の1面に色をつけるアクセントはオシャレ度が上がりますし、

部屋をスッキリ見せる効果もあります。

色に視線が引きつけられ、こまかなものが目立たなくなる効果があります。

 

以上4つの「コツ」を使い、愛着のある雑貨や物に囲まれながら、

ごちゃついて見えない暮らしを提案するように心がけています。

 

来月は心地いい暮らしを作るインテリアについてお話しさせて頂きます。

Informations

インフォメーション

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
私たちと一緒に考えましょう皆さまの「一生の家づくり」をお手伝いさせていただきます。

top