Column

ほんまもん建築コラム

お家の地震対策

前回は、「風通しの良い家」についてお話させて頂きました。

質の良い風を取り込む間取りは、建築場所や周辺環境によって様々ですが、

風をデザインしたお家づくりを考える事は、注文住宅ならではの醍醐味です。

さて、今回は「お家の地震対策」についてお話させて頂きます。

昭和56年の建築基準法の改正により耐震基準が大幅に強化されましたが、

先の阪神淡路大震災や東日本大震災、

私たちに身近な大阪府北部地震など想定外の地震が起きた場合にも、

出来る限り耐えられる様にしていかなければなりません。

「建物を利用する人々の生命や財産を守る」

私たち建築に携わる者の使命であります。

「耐震」「制震」「免震」とこれら3つの技術が建物の

地震対策の主流であります。


「耐震構造とは」

基礎から建物内に伝わる地震力に対し、

構造体を堅固にすることで地震に耐え様とする構造です。

柱と柱(土台や梁)の間に斜めに取り付ける(つっかえ棒の原理)で

建物がねじれたり倒れたりする力に抵抗する為の物です。

「制震構造とは」

基礎から建物内に伝わる地震力に対し、

建物内部で反作用力としての力を激衰させたり増幅させる

「制震装置」を組み込むことによって建物の揺れを縮小する構造です。

基礎と建物躯体や建物層間などにダンパー(ショックアブソバーの原理)

で地震力を抑え(吸収)ます。

「免震構造とは」

地盤と建物を切り離す事で、

地震力が建物に伝わる事を遮断してしまう構造です。

基礎部分にアイソレータを設け、

その上に建物を載せる事で地震の揺れが建物に追随しない様になります。

非常に高価な為、一般住宅ではまだまだ普及されていないのが実情です。

地球の気候変動やメカニズムなどの自然環境は、

まだまだ研究課題が山積であります。

過去の事象などを契機として対策をとる事しか出来ないかもしれません。

過去の災害などを教訓として、建物の安全性、耐久性、経済性を総合的に

検討し対策していく事が重要であります。

Informations

インフォメーション

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
私たちと一緒に考えましょう皆さまの「一生の家づくり」をお手伝いさせていただきます。

top